日本語 / English

Photonic System Solutions

電気通信大学認定ベンチャー

株式会社フォトニックシステムソリューションズ
PSSについて

 PSSは、日本女子大学理学部小舘研究室の光技術を基盤とした長年の研究成果をもとに、光の特性である高速性、並列性を生かした光ソリューションを提供することを目的に、2008年1月25日に設立されました。

  その後、電気通信大学設立ベンチャーに採択され、2011年に電気通信大学(調布市)へ移転し、2018年1月25日にはおかげさまで創業10周年を迎えました。

  超高速画像/音声認証技術によって、違法コンテンツを自動検出し、照合、削除申請までを一元管理できる著作権管理システム「FReCs」シリーズなどを自社開発し、さらに、独自の光技術による製品・サービスを提供しています。

 

詳しくは下記の各項目をご覧ください。

企業理念

「大学における光コア技術による研究成果の社会還元」

「光情報処理システムの技術普及」

「女性ならではの新しいテクノロジー、新しい価値の創出」

「理工系女性の活躍推進と場の開拓」

会社概要

会社名

株式会社Photonic System Solutions(略称:PSS)

会長

小舘 香椎子

代表取締役

増川 佐知子

社外取締役

安國 忠彦

創業者

小舘 香椎子、渡邉 恵理子

設立日

2008年(平成20年)1月25日

2011年(平成23年)2月22日 電通大認定ベンチャー

資本金

860万円

本社

〒182-0026

東京都調布市小島町1-1-1

UECアライアンスセンター410

ウェブサイト

https://www.psss.co.jp

社員数

役員:3名 顧問:2名 社員:7名 アルバイト(大学院生・大学生):6名

沿革

2008.1

光ソリューションによる新しい価値の創出を目指して、日本女子大学発のベンチャーとして株式会社Photonic System Solutions(PSS)を設立。

2008.8

光相関アルゴリズムを応用したインターネット上の著作権管理システム「FReCs」を開発。(実施説明会を開催し、約100社の企業・団体が参画)

2008.11

動画識別技術を用いた海賊版実態調査を開始。(経済産業省委託事業、20社を超えるコンテンツ企業が参加。)

2009.4

インターネット上の著作権管理システム「FReCs」のサービス開始。

2009.11

動画識別技術を用いた海賊版対策強化事業を開始。(経済産業省委託事業、総務省再委託事業)

2010.6

NEDO事業に採択され、光相関によるマルチコアCPVと光サーバーを組み合わせた分散システムの開発事業。(NEDO採択事業)

2010.11

コミックなどの静止画識別技術を用いた海賊版対策事業を開始。(経済産業省委託事業)

2011.4

電気通信大学認定べンチャーに採択されることをきっかけに、本社を調布市に移転。

2012.10

リーチサイトおよびストレージサイトを用いた海賊版実態調査を開始。(経済産業省委託事業)

2013.4

一般社団法人 日本レコード協会(日本最大手音楽事業者とりまとめ団体)kから

著作権サービス業務を委託。

2014.8

「コンテンツ海賊版対策強化事業(コンテンツ流通促進に向けた海賊版対策支援事業 MANGA-ANIME GURDIANS PROJECT(MAGP))」(経産省)の委託先である一般社団法人コンテンツ海外流通促進機構(CODA)より再委託。

2014.5

NEDO 平成25年度 「イノベーション実用化ベンチャー支援事業」に採択。

「高精度位相計測による細胞シートの異常検出・構造特性検査装置の開発」(電気通信大学・大阪大学との共同研究)

2015.6

NEDO平成26年「超並列光相関演算による次世代画像認識システムの研究開発」採択。

2017.4

電気通信大学アライアンスセンターへ移転。(100周年記念事業産学連携施設)

2017.5

新体制発足。(会長小舘香椎子、代表取締役増川佐知子)

2017.9

平成29年度MAGP「知的財産ワーキング・グループ等侵害対策強化事業(アニメーション分野)」 から再委託。

受賞

2008.3.16

女性起業家ビジネスプランコンテストにおいて、リビングドリーム賞を受賞。

2014.2.13

渡邉恵理子(電気通信大学 特任助教、PSS顧問)、小舘香椎子(PSS代表取締役、電気通信大学 特任教授、日本女子大学 名誉教授)が、第29回(2013年度)櫻井健二郎氏記念賞を受賞。

テクノロジー 光ソリューションによる新しい価値の創出を目指して

 「FReCs」システムは、違法動画検索から削除・申請までの処理を一括サポートしており、10年に渡る実運用の中で培われたノウハウをフィードバックしながら、高い安定性、操作容易性、効率運用を目指してまいりました。日々仕様が変化する各種動画共有サイトに対応し、お客様からの要望にも柔軟に適応しています。

 

 さらに、独自に開発した音楽認証技術を応用して、違法音楽検索システム「FReCsMe」の実運用を2013年より開始し、高いパフォーマンスを実現しています。

 

 このようにPSSは、光のコア技術を用いて、お客様の課題を解決するために、応用領域を理解し、適切な解決策を総合的に提示することを実践しています。

  また、本技術は、さらなる応用分野も考えられ、大学研究機関との連携をはかり、社会貢献につながる技術の発展に貢献することを目指してまいります。

特許

動画データの照合システム [特許4281097号] (2009-3-27)

画像データの照合システム [特許5008464号] (2012-6-8)

動画データベースの作製方法、動画データベースに動画データを登録するための

 登録システム及びプログラム [特許5325583号]  (2013-7-26)

計測システム及び計測方法 [特許5362254号] (2013-9-13)

動画データの照合システム [特許5380643号] (2013-10-11)

ハミング空間検索装置、ハミング空間検索方法、ハミング空間検索プログラム

 および記録媒体 [特許5599363号] (2014-8-22)

ハミング空間検索装置、ハミング空間検索方法、ハミング空間検索プログラム

 および記録媒体 [特許6031475号] (2016-10-28)

トップページPSSについて主な製品広報・出版・人材育成お問い合わせリンク

© 2008-2018 Photonic System Solutions Inc. All Rights Reserved.